オリジナルフレーム of メガネのカツラ

当店考案の『オリジナルフレーム』のご紹介!

当店では、強度近視・強度遠視・斜視(プリズム)・弱視・瞳孔距離異常など,眼科的な視機能補助を必要とする方のために、レンズの厚みや重さの軽減,および文字等の拡大効果をねらったメガネフレームを、当店がオリジナルで考案して眼鏡フレームを作っています。
それらをご紹介しましょう。

Original Frame

Frame_1

このセルフレームは、特殊な医療的眼鏡レンズを必要とする方のために店長が最初の設計から考案し、その後何度もバージョンアップしながら当店オリジナルで作成しています。
強度近視・強度遠視・強度プリズムなどのレンズは、厚みと重さでいつも悩まされます。
フレームの鼻幅(左右のレンズ間距離)を広くして、耳側を狭くすることでそれらを軽減でき、またセルフレームのため、厚みを目立たなくできることと、カラーバラエティーが増え、ファッション性も良くなりました。

Frame_2

このメタルフレームは。おもに左右の眼と眼の巾(瞳孔距離)が広い方のために店長が工場に行って考案しました。
また左右の瞳孔距離をその方独自に合わせてオリジナルで作りますので「Freme 1」のような特殊度数の方にも厚みと重さが、さらに軽減できます。

Frame_3

この特殊なフレームは、同じ大きさのリム(レンズを入れる前枠)を二重にしたものと、前レンズ部を前に飛び出して作成したものと2種類があり、どちらも跳ね上げて見ることもできます。

1.二重フレームは、レンズを4枚(左右二枚づつ)組み合わせるとこで、いろいろな特殊メガネづくりが出来ます。たとえば1つのメガネで、全面が遠用と近用にできますので、遠近両用・二重焦点レンズのように明視域の狭さや歪みでどうしても使えない方には良好です。また遠用と近用でプリズム量を変えたり、強度乱視など、メーカーが製作出来ない度数等も二枚のレンズを重ねることで作ることが出来ます。

2.前にレンズが飛び出したフレームは、弱視で文字が拡大しないと見えない方や、作業距離をのばして拡大したものを見たい方のために店長が考案作成しました。また前のレンズの角度調整ができ、見たいものが頭を上下せずに見えますし、さらに跳ね上げることも出来ますのですぐに遠方視ができます。

当店の『職人技』のご紹介!

click.pnga_new.gif